あるバンドマンと中学3年生の男子による“恋愛相談”のやりとりが、Twitterで38万のいいねを集めるなど、大きな話題を呼んでいる。DMで「彼女とキスしたいのをこっそり伝えるにはなんて言えばいいですか?」と相談する中3男子に、バンドマンが送ったのは「鳴かぬなら塞いでしまえホトトKISS」とのユーモア溢れるアドバイス。ところが、「言ってみます!」と真に受けた男子の返答から、思わぬ展開に。2人のやりとりに爆笑し、衝撃の展開に驚き、最後はほっこりしたTwitterユーザーも続々。相談に答えたハイカブリというバンドのギタリスト、フロタさん(@ikatarofu)に顛末を聞いた。

この後、驚きの展開が…! フロタさんツイッター(@ikatarofu)より

【画像】「塞いでしまえホトトKISS」からの衝撃の展開! 中3男子の運命やいかに…

■「彼女とキスしたい」悩める中3男子に、バンドマンが送った恋愛アドバイスとは?

――「幸せになるんだぜ、ボーイ。」という投稿が38万のいいねを集めるなど、大きな反響を呼びました。こちらは想定していましたか?

【フロタさん】まったく想定していませんでした。仕事中、携帯を見ていないタイミングで本格的にバズり始めたため、気づいたら大量の通知で電池が無くなっていて切なかったです。「数万いいねくらい行くのかな」と途中で思いましたが、最終的に38万いいねまで行き、驚いています。

――中3の男の子から、「彼女とキスしたいのをこっそり伝えるにはなんて言えばいいですか?」と恋愛相談されていますが、これはどんな状況だったんですか?

【フロタさん】突然来た相談です。普段から恋愛相談を募っているわけではありませんが、DMは解放されているので、ときどき恋愛相談や人生相談されることはありました。

――その相談に、フロタさんは「鳴かぬなら塞いでしまえホトトKISS」というアドバイスをしています。すごく面白いですが、中3男子が彼女に伝えるにしては、とんでもないアドバイスのような…。

【フロタさん】これに関してはただの思いつきです。DMが送られてきた時間がまだ起きたばかりの時だったので、覚醒しきってない頭と可愛らしい相談内容でふざけてしまいました。

――そんなアドバイスの後、応答がなくなった男子に何度も問いかけるフロタさん。「受け狙いの無責任アドバイスから返信がないことに焦るあたりが良い人そう笑」というコメントもありましたが、実際、「ホトトKISS」の後に返信がなくなったときは、焦りましたか?

【フロタさん】かなり焦りました。コメントにある通り、まさに「受け狙いの無責任アドバイス」以外の何者でもないのですが、それに対して「ありがとうございます! 言ってみます!」という返信のあと応答がなくなったので、“まさか本当に言ってないだろうな?”と心配になりました。

――そのあと、「ホトトKISS」とは打って変わった真面目なデートの提案、そして応答のない男子への「おい!! 小僧!!!」の呼びかけには爆笑した人も多いようです。

【フロタさん】受け狙いの「ホトトKISS」を実行に移そうとしていて、それを阻止するために必死でした(笑)。冗談で言っただけなのに、まさか本気にして彼女に言ったりしてないよな!? と焦ってしまい…。それまでは短いスパンで返信が来ていたのに、滞っていたので心配は募るばかり。これからは真面目に生きようと思いました…。

――最終的に、「ホトトKISS」のアドバイスが功を奏してしまったとのことですが、この展開には?

【フロタさん】驚きました。てっきり、失敗して「トホホKISS」になるパターンじゃないのかと思っていたので。ただ、この若いカップルはきっと普段から良好な関係は築けているのでしょうし、ウケてキスできたというよりは、きっかけの一つになった感じだと個人的には思っています。

――相手の中3男子にはどんな印象を持ちましたか?

【フロタさん】素直な、気持ちのいい少年という印象を受けました。「ホトトKISS」を実行に移してしまうあたり、ちょっと抜けてるところもあるのでしょうが、そこも可愛らしいですね。

――彼に、あらためて伝えたいメッセージは?

【フロタさん】絶対に幸せになってほしいと強く思っています。素直な少年も、その素直な少年の心を受け止めてくれる彼女もきっと良い子でしょうし、お互いがお互いをキチンと尊重して、不機嫌を態度に出さず、ちゃんと言葉で伝えながらずっと仲良くやっていって欲しいです。

――この顛末を見たTwitterユーザーからも、たくさんのコメントも寄せられましたね。

【フロタさん】そうですね。雨上がり決死隊(解散してしまいましたが)の宮迫さんと蛍原さんがキスしている画像のリプライと、それに対しての「それ蛍とKiss」というリプライがあり、大喜利が始まっていて面白かったです。それから、DMでのやりとりの中で僕が東京03のネタに言及しているのですが、その時のネタのタイトル(カクピーの結婚)を教えてくれた方が複数いらっしゃったのでありがたかったです。

――このツイートのあと、フォロワーが増えるなど変化はありましたか?

【フロタさん】フォロワーが3000人ほど増え、DMも合計で300通ほど来ました。恋愛相談もありますし、人生相談、雑談、買い物のメモ代わり(豆腐、豚バラなど言葉だけ来ます)、大喜利を仕掛けてくる人、などなど。インターネットのおもちゃにされています。いただいたDMにはすべて返信しています。

――フロタさんは、この投稿以外にも普段から面白い一言ツイートをしていますが、目的とか目標はあるんですか? また面白さや大変だと感じることは?

【フロタさん】ツイートは自分が見た日常を切り取ったり、思いつきを垂れ流したりしているだけなので、目標は特にありません。自分の中の「今まであまり共感されなかったけど、共感してくれる人多少はいるだろう」という部分を共感されたり、反対に、一つの事柄に対して自分とまったく違う物の見方をする方に出会ったり、そういう時は面白いと感じます。

大変なことは特にありませんが、なるべく特定のジャンルを傷つける内容は書かないようにしようと気をつけてはいます。

――フロタさんはバンド『ハイカブリ』でギターを担当していますが、どんなバンドなのでしょうか?

【フロタさん】都内を中心に、勢力的に音楽活動を行なっている4人組の歌ものロックバンドです。耳馴染みの良いメロディ、日常の中の喧騒や退屈を切り取った歌詞が特徴です。ライブももちろんですが、MVなども公開しています。8月11日に「poor」という曲、9月7日に「晩夏」という曲のMVを公開しました。また、この2曲を含む合計5曲がApple MusicやSpotifyほか、各サブスクリプションサービスでダウンロード可能です。

――今回バズったことについて、バンドメンバーからの反応は?

【フロタさん】「よう、ホトトKISS」と言われました。MVの再生数やバンドのTwitterアカウントのフォロワーも増えているので喜んでいました。

――このような話題は、バンド活動にも良い影響を与えそうですか?

【フロタさん】僕らのようなバンドは、まず「知られる」ということが大事になってきますので、きっかけはともかく、多くの方の目に触れるということは良い影響と呼べると思います。実際、件のツイートからフォローしてくださった方が曲を聴いて、「次回のライブに行きたい」と言ってくださることもあります。

――バンドマンとしても、今回のようなSNSを通じた交流、こまめなツイート、ユーモアのある返しは大事にしていきたいですか?

【フロタさん】大事にしていきたいです。「ユーモアのある返し」と文面に起こされると若干プレッシャーはありますが…。交流やツイートは大事だと個人的には思っています。時勢を鑑みても、今は気軽に人と会える状況ではないので、インターネット上ではあってもコミュニケーションは大切にしていきたいです。

――では最後に、Twitterユーザーや読者に伝えたいことは?

【フロタさん】MVを観たり、音源をダウンロードしたり、ライブに来ていただけたりすると、とても励みになります。恋愛相談や人生相談を表立って募集しているわけではありませんし、恋愛も人生も得意ではありませんが、身内には言えないけど他人には言える、という悩みもあると思いますので、必要があれば連絡ください。

オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。