[法務・税務の専門家がもめない相続教えます](13)

 「法定相続分」とは民法で定められた遺産分割の割合です。そう書くと「法律通りに分けないといけない」と思い込む方もいますが、そうではありません。実は、遺言書の内容は自由に書くことができ、法定相続分より優先されます。また、遺言書があってもなくても、法定相続人全員が分け方に合意すれば法定相続分に縛られる必要はありません。ただ、分け方に合意できない法定相続人がいる場合に備え、法律で定められたのが法定相続分です。

 それを踏まえて、法律にある法定相続分を見てみましょう。

 まず、法定相続人が配偶者と子どもの場合、...