沖縄タイムス+プラス ニュース

「沖縄の了解十分でない」「対立深めず慎重に」 辺野古工事で二階幹事長

2017年2月8日 05:01

 自民党の二階俊博幹事長は6日の会見で、沖縄県名護市の辺野古新基地建設の海上工事が始まったことについて「政府は時間的なこともあり、早期再開を願っての行動だと思う。沖縄の了解が十分に得られていない状況での出発。慎重の上にも慎重にやり、対立を深めることがないように期待する」と述べた。

二階俊博幹事長

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気