自民党の野田聖子幹事長代行は16日、総裁選に立候補する意向を固めた。20人の推薦人を確保するめどが立ったため。複数の関係者が明らかにした。(共同通信)