新型コロナ禍で遊びや学びが制限され、窮屈な生活を強いられている子どもたち。その思いを受け止めようと、那覇市国場児童館(山崎新館長)は7~8月、子どもたちが意見表明する機会をつくった。