リウボウストア(那覇市、糸数剛一社長)は17日、オンラインショップシステムを管理する委託会社のサーバーに不正アクセスがあり、顧客の氏名や住所、電話番号など6337件の個人情報が流出したと発表した。クレジット情報が流出するなどの金銭的被害は出ていない。

オンラインショップへの不正アクセスによる個人情報漏えいについて記載するリウボウストアのページ画像(リウボウストアサイトから)

 不正アクセスがあったのは、オンラインショップでの会員登録データ1201件と、店頭受け取りサービスで使用した個人情報データ5136件。ネットスーパーや宅配サービスのらくらく便は別のシステムで運用しているため、情報流出はしていない。

 オンラインショップの会員情報は3月25日、店頭での予約データは4月8日に不正アクセスがあったと推測している。9月1日にリウボウストアと同じオンラインショップシステムを利用する企業から、情報流出の可能性があると委託会社に連絡が入り調査を始めた。リウボウストアが流出件数と概要が把握したのは4日で、社内で精査をし発表した。

 リウボウストアは「お客さまおよびに関係者に迷惑、ご心配をお掛けして申し訳ない」と謝罪した。オンラインショップは6日から、別のシステム管理会社で運用している。店頭受け取りサービスの再開時期については協議中。