【名護】ノボタン科で小さな花を咲かせるハシカンボクが、真喜屋ダム湖畔道の2カ所で群生して開花している。  そのうち「松久地橋」の側でも、ピンクのかわいらしい花を観察できる。茎の高さおよそ1メートルで枝先の集散花序が上向きに伸び、多数の花を付けている。  4枚の花弁の直径が約2センチ。