沖縄県内建設業最大手の國場組(那覇市、玉城徹也社長)は17日、同社とグループ主要15社の2021年6月期決算(合算)を発表した。ホテル・流通関連部門が新型コロナウイルスの影響を大きく受けて落ち込み、グループ全体の当期純利益は前期比68・8%減の13億8500万円と、2期ぶりの減益となった。

 売上高は14・4%減の679億9300万円で、経常利益は58・4%減の26億9400万円だった。

 ホテル・流通関連部門の売上高は...