那覇市首里にあった琉球王家の菩提寺(ぼだいじ)・円覚寺の仁王像(2体)の模造復元が完成し、那覇市の県立博物館・美術館(おきみゅー)で17日、報道陣に公開された。台座を含めた高さは約2メートル50、カヤの木でできている。担当者は「科学分析と技術者の力で失われた文化を取り戻せることが証明できた」と意義を説明した。

 円覚寺は1494年に完成。仁王像も同時期に大和の院派仏師によってつくられたと推測される。

 総門に安置されていたが、沖縄戦でバラバラになり、...