沖縄県の豊見城市瀬長123の1付近の畑で見つかった、米国製50キロ爆弾1発の不発弾処理作業が19日午前10時15分から、現地である。処理現場から半径166メートル以内が立ち入り禁止となり、避難対象は約90世帯300人。午後2時15分の終了を見込んでいる。

 周辺の豊見城市道、那覇市道は、午前10時10分から処理終了まで交通規制される。豊見城署に対策本部を設置。豊見城市民体育館(豊見城市豊崎5の2)、具志自治会集会所(那覇市具志2の15の17)に避難所を置き、午前9時20分から処理終了まで開所する。