沖縄県警は18日、糸満市内の民家で同居する高齢で寝たきりの父親=当時(81)=が亡くなっているのを知りながら、2年近く遺体を室内に放置したとして、長男で無職の男(49)=糸満市=を死体遺棄の疑いで逮捕した。「遺体を放置したのは間違いない」と容疑を認めているという。今年6月に糸満市役所から「父親と連絡が取れなくなっている」と県警に連絡があり、自宅内でごみに埋もれた状態の遺体を警察官が確認した。

パトカー

 父親の遺体は腐乱しており死因は分かっていない。遺体に目立った外傷は無いという。容疑者の男は寝たきりの父親に食べ物を与えていたが、2019年8月頃、枕元に置いていた食べ物に手がつけられていないのに気付き、亡くなっているのを確認したという。調べに「父親の死を受け入れられず現実逃避していた」などと話しているという。