(2)へちま  1902年(ねん)に34歳(さい)で亡(な)くなった正岡子規(まさおかしき)は、「をととひのへちまの水(みず)も取(と)らざりき」など三つの辞世(じせい)の句(く)を残(のこ)したよ。