社説

社説[コロナ下の敬老の日]「孤立」させない社会に

2021年9月20日 08:18

 新型コロナウイルスの流行下で2度目の「敬老の日」を迎えた。

 例年なら子や孫の世代が集まって一緒に会食を楽しんだり、連れ立って遠出をしたりする。地域では長寿を祝う敬老会が開かれる時季だ。

 ただ、現在は流行の「第5波」が続き、県内では緊急事態宣言が発令されている。感染すれば重症化するリスクの高い高齢者を守るため、残念ながら集まるのは控えざるを得ない。

 一方で自粛生活は既に長期に及んでいる。離れて住む孫らとなかなか会えず、気心の知れた仲間同士で語らうのもままならない。高齢者の心身への影響が気掛かりだ。

 内閣府の昨年12月の調査で、60歳以上の人に同居する人以外で何人と話しているかを尋ねたところ、対面や電話、ビデオ通話などを含めて「誰とも話さない」と答えた人が18%いた。

 社会や人とのつながりが希薄になっているのだ。

 高齢者の外出や人との交流が減ると認知症や要介護のリスクが高まることは、これまでの研究でも分かっている。

 感染防止に最大限注意を払った上で直接会ったり、離れていれば電話で話したりして、お年寄りが孤立を深めないよう心掛けたい。

 特に独り暮らしのお年寄りや高齢者だけの世帯は、異変が起きていないか、できるだけ早く察知する必要がある。必要に応じて行政や医療機関・福祉団体などにも支援を求めてほしい。

■    ■

 全国の65歳以上の高齢者は3640万人。昨年より22万人増えた。総人口に占める割合は29・1%で過去最高を更新した。

 高齢化社会は確実に進んでいる。政府は先細る労働力や社会保障制度の担い手を確保するため元気な高齢者の就労に力を入れている。

 今年4月には改正高年齢者雇用安定法が施行され、希望者が70歳まで働ける機会の確保が企業の努力義務となった。「生涯現役社会」が現実味を帯びている。

 既に昨年の労働力調査では高齢者の4人に1人が働いていた。やりがいや老化防止のため働く人もいるが、内実を見れば生活を支えるために働き続ける高齢者も多い。

 そこに新型コロナの感染拡大が影を落としている。働く日数や時間が減るなど、経済の落ち込みの影響が深刻に表れている。社会的弱者を守るため、政府には手厚い支援を求めたい。

■    ■

 さまざまな苦難を乗り越え経験を積んできた高齢者から次世代が学ぶことは多い。

 培われた技術や知恵だけではなく、県内では沖縄戦の体験やしまくとぅばの継承も重要だ。世代間の交流を通して得られるものは大きい。

 今年の高齢社会白書は、高齢者が地域社会から孤立しないよう情報通信技術(ICT)を活用したオンラインでの交流などを促している。

 実際にオンライン会合を開くにはスマートフォンの操作を高齢者に指導する必要もある。「新しい生活様式」での交流を積極的に支援してもらいたい。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
来春の選抜大会の切符を懸けて戦う九州大会の出場を目指し「第71回沖縄県高等学校野球秋季大会」の全試合をイニング速報します。
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。