沖縄市の武藤初枝さん(95)の自宅の1階には、一つ一つ丁寧に作られた色鮮やかな着物のひな人形が所狭しと並ぶ。作り始めて約50年といい、「子どもたちの喜ぶ顔が見たい」と、市内外の学校や子ども会などに贈っている。 武藤さんは小笠原流煎茶道沖縄総支部長。