沖縄タイムス+プラス ニュース

20~30代にSMSでワクチン接種を促す 週1回メッセージが届く 沖縄の村が10月から

2021年9月20日 09:46

 沖縄県読谷村は、10月初旬ごろまでにショートメッセージサービス(SMS)を活用し、20~30代の村民に新型コロナウイルスのワクチン接種を促す取り組みを始める。

「ケイスリー」の幸地正樹社長(右)と包括連携協定を結んだ石嶺傳實読谷村長=17日、読谷村役場

 村は17日に行政向けのITサービスを扱う「ケイスリー」(那覇市・幸地正樹社長)と「行動科学を活用した村民本位の施策推進に関する包括連携協定」を結んでおり、その取り組みの一環。課題となっている若年層の接種率向上を図りたい考えだ。

 週に1回程度、ワクチン未接種の20~30代の村民宛てに、接種を促すメッセージが届く。SMSの利用により低コストで多くの対象者に情報を届けられるメリットがあるという。望ましい行動をするよう促す行動科学の手法(ナッジ)を活用した同社のシステム「Better Me」を利用し、より効果的なメッセージとなるよう工夫する。

 石嶺傳實村長は「広報の手法によって、村民との距離も縮まる。ワクチン接種以外にも、さまざまな施策で活用したい」と話した。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。