ハンドボール日本リーグ男子の琉球コラソンは20日、豊見城市民体育館で今季第4戦を行い、大崎電気に29―33で敗れて1勝3敗となった。

コラソン-大崎電気 前半、シュートを決めるコラソンの東江太輝=豊見城市民体育館(小宮健撮影)

 コラソンは前半、退場者を出しながらも東江太輝や村田龍、石川出らの得点で食らい付き、15―16で折り返した。だが後半はミスなどから相手の速攻を許し、徐々に引き離された。

 次戦は10月2日、岐阜県の感謝と挑戦のTYK体育館で豊田合成と対戦する。