就職氷河期世代(35~55歳未満)向けの短期資格習得コース事業「IT担当者養成コース」の訓練講座が11月から県内で始まる。NPO法人日本情報技術取引所が受講生を募集している。厚生労働省委託事業で受講料無料。テキスト代1万円と保険料、交通費は自己負担。

受講を呼び掛けるキャリアコンサルタントの松川記麻子さん(右)と當銘裕美さん(提供)

 IT基礎からスタートし、ネットワーク演習、仮想環境上でのLinuxサーバ、Windowsサーバなどを学習する。定員30人。

 対象は(1)10月末時点で35~55歳未満(2)離職中や非正規社員で正社員雇用の希望者(3)公共職業訓練などを直近1年間受けていない-など。

 訓練期間は11月1日~22年1月28日。平日午前9時~午後5時。会場は那覇市泉崎にある「資格の大原沖縄校ビル内」のみんなの貸会議室那覇泉崎店。

 9月21日午後4時45分からオンラインで、28日午後3時からは那覇市泉崎の「グッジョブセンターおきなわ」で説明会を開催する。

 講師を担当するキャリアコンサルタントの松川記麻子さんは「受講料無料で一生使えるスキルが身に付く。未経験からITの基礎を学んでIT技術者や企業内IT担当者として活躍してみませんか」と呼び掛けている。

 受講の申し込み締め切りは28日正午必着。申し込み・問い合わせは電話(0120)355522。https://tankishikaku.jiet.or.jp/