【宜野湾】チョウ類研究者の宮城秋乃さんが20日、「北部訓練場跡地の米軍廃棄物と権力に利用される世界遺産登録」と題し、宜野湾市のぎのわんセミナーハウスで講演した。宮城さんは、返還後の米軍北部訓練場跡地には、世界遺産に登録された今でも大量の米軍廃棄物があると説明し「有害な汚染物質も見つかっている。