今春までに全国の小中学生に配備されたパソコン端末を使い、南極・昭和基地で第62次観測隊の隊員が活動する様子を学ぶ授業が7日、昭和基地と各地の学校をオンラインで結んで行われた。参加した中学生は、日常生活とは異なる環境で気象観測などを行う隊員の姿に熱心に見入った。