文部科学省と経済界、大学が連携し、大学院博士課程の学生を対象とした企業でのインターンシップ制度の整備に乗り出した。学生は有給で研究しながら単位を取得でき、採用にも直結する仕組み。