沖縄協会(上原良幸代表理事)は、大みそかの12月31日に沖縄平和祈念堂で開催予定だった「第44回摩文仁・火と鐘のまつり」の2年連続の中止を決めた。  戦没者慰霊と平和祈念の行事として開催してきたが、新型コロナウイルス感染収束の兆しが見えず「3密」の回避など感染防止対策が困難と判断した。