五輪憲章には「スポーツをすることは人権の一つ」で、全ての人が差別なく実践の機会を与えられなければならないと記されている。今回の東京五輪・パラリンピックはその理念を実現できたのだろうか。