沖縄気象台によると23日午後9時に、マリアナ諸島で台風16号が発生した。台風は24日午前3時現在、マリアナ諸島にあって時速20キロの速さで西に進んでいる。中心気圧は1002ヘクトパスカル。中心付近の最大不足は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

台風16号の経路図(気象庁HPから)

【拡大図】台風16号の経路図

台風16号の経路図(気象庁HPから) 【拡大図】台風16号の経路図

 台風は次第に発達しながら25日にはフィリピンの東に進む見込み。28日には非常に強い勢力で日本の南に接近すると見られている。

 気象台は、最新の台風情報に注視するよう呼び掛けている。

 沖縄地方は24日から25日は、高気圧に覆われておおむね晴れるが、所によりにわか雨がある。25日は大気の不安定な状態になることから、雨雲の発達の程度によっては、雷注意報が発表される可能性がある。