体操の全日本シニア選手権は23日、山形県酒田市国体記念体育館で行われ、男子跳馬の安里圭亮(興南高-福岡大出、三重・相好クラブ)が15・233点の高得点を出して種目別優勝を飾った。得意種目で同大会2年連続3度目の頂点に立った。