北朝鮮が2019年2月の第2回米朝首脳会談以降に発射実験をしたミサイルの多くは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)のように大都市を標的とし、多くの人命を奪うことが目的ではない。