国際体操連盟(FIG)は24日、富士通が開発した体操の「ロボット採点支援システム」を2023年から24年までの間に男子計6種目、女子計4種目全てで活用する準備を整えると発表した。  システムは3Dセンサーで選手の動きを立体的に捉え、人工知能(AI)が3次元の画像に変換。