社説

社説[「緊急事態」解除へ]備えながら慎重に進め

2021年9月27日 07:16

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、県は期限の30日で解除されるとの見通しを示し、その後は独自措置への移行を表明した。

 解除が決定すれば、5月から5度の延長を繰り返し4カ月余りに及んだ制限が緩和され、経済活動再開へと舵(かじ)を切ることになる。

 リバウンドを避けるには、解除後の対策が鍵となる。冬場の「第6波」への備えを怠らず、慎重に注意深く進めてほしい。 

 県が26日、確認した新規感染者は71人で、この1カ月は継続して、前の週の同じ曜日を下回っている。病床使用率や重症病床使用率は50%を切り、ステージ4(爆発的感染拡大)を脱し、解除の目安となるステージ3(感染急増)に下がっている。

 玉城デニー知事は「県民の努力で想定よりも速く各種指標が改善されてきた」と解除に向けた見通しを語った。ワクチン接種の広がりなどによって、医療現場の負担軽減が図られたことを重視した判断と言える。

 解除後は、飲食店の酒類提供を条件付きで認める。感染対策を保証する「第三者認証」を受けているかどうかで緩和の程度にも差をつける。

 緊急事態宣言の長期化で飲食店や観光関連産業など県経済は極めて厳しい状況に追い込まれている。県民も自粛続きでストレスをため、社会全体が疲弊している。

 宣言の効果自体が薄れており、経済再生という面からは必要な措置だと理解する。だからこそ緩和が緩みにつながらないよう、感染対策との両立がより重要となる。

■    ■

 新規感染者数が2週間ほど継続して下降傾向にあれば、宣言解除の基準を満たすことになる。ただ県内はいまだに10万人当たりの感染者数が48・55人と全国最多で、予断を許さない。

 感染力の強い変異株の広がりも心配だ。

 感染対策とともに制限緩和の前提となるのが、医療提供体制の拡充である。

 「第5波」では、入院調整中だった那覇市に住む40代の男性が自宅で亡くなった。感染急拡大で保健所の業務が逼迫(ひっぱく)し連絡が遅れたことが一因といわれている。

 速やかに必要な医療が受けられるよう、平時のうちから実効性のある対策を打ち出してもらいたい。

 第5波を教訓に、自宅療養者の健康観察や急変時の搬送体制を整備すべきである。宿泊療養施設の拡大や検査の拡充も必要だ。

■    ■

 25日に開かれた県の専門家会議は、まん延防止等重点措置への移行が妥当との意見で一致した。だが今回、玉城知事は重点措置は要請しないという。

 重点措置で様子を見ながら段階的に進むのが現実的ではないのか、専門家との意思疎通は十分なのか、疑問なしとしない。

 政府の正式な解除決定を受け、県は新たな対処方針を示す。

 科学的知見に基づく対策と、経済活動再開の「出口戦略」を説得力のある言葉で発信してもらいたい。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。
沖縄タイムスのイチオシ