猛烈な台風16号は、27日6時現在、沖の鳥島近海をゆっくりした速さで北へ進んでいる。気象庁によると、今後は進路を次第に北東に変えながら日本に近づく見通し。29~30日に大東島地方へ接近し、西寄りの進路を取れば暴風域に入る可能性がある。

台風16号=27日午前6時45分現在(気象庁HPから引用)

 中心の気圧は920ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は55メートルで、最大瞬間風速は75メートル。

 台風は10月1日にかけて「非常に強い」勢力で東海や関東に最接近する恐れが出てきた。接近時は最大瞬間風速60メートルが見込まれる。今後の進路に注意が必要だ。16号は26日午後3時、勢力が「非常に強い」から「猛烈」に強まった。