【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院)選で選挙管理委員会は27日、暫定最終結果を公表、中道左派の社会民主党(SPD)が25・7%で首位となり、メルケル首相の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が24・1%で第1党から転落した。(共同通信)