沖縄県東村高江の米軍北部訓練場メインゲート前に同訓練場返還跡地から出た米軍の廃棄物を置き、軍関係者の通行を妨害したなどとして8月、チョウ類研究者の宮城秋乃さんが威力業務妨害容疑などで書類送検されたことを受け、宮城さんと交流のある平和活動家の丹原美穂さん=岐阜県=ら有志が27日、強制捜査に抗議する署名2290筆を県警に提出した。

県警へ署名提出後に会見する丹原美穂さん(中央)=27日、県庁記者クラブ

 署名活動は丹原さんが発案し、9月1日~20日の期間にインターネットサイト「Change.org」の署名2024筆、紙での署名266筆を国内外から集めた。県警への抗議署名のほか、那覇地検に不起訴を求める要請文1611筆も集め地検に提出した。

 那覇市の県庁記者クラブで会見した丹原さんは「宮城さんに対する家宅捜索は市民活動への圧力と感じる。大きな声を上げて表現の自由を勝ち取らないといけない」と訴えた。会見には昆虫分類学理学博士の屋富祖昌子さん、京都平和委員会の原田貞藏さんも同席した。