東京電力福島第1原発が立地する福島県大熊町は28日、再生可能エネルギー導入を進めるための新会社「大熊るるるん電力」を地元企業とともに設立した。原発事故で約8年の全町避難を強いられた町は、原発や化石燃料に頼らず、2040年度に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにするゼロカーボンの目標を掲げている。

 福島県大熊町役場で開かれた「大熊るるるん電力」の設立式=28日午前

 町が新会社の筆頭株主となり、プラント建設業者と金融機関が共同出資。当面は他社から電力を調達し、来年度から町内で小売りを始める。太陽光や風力、波力など自社の発電設備を拡充し電力の地産地消を進め、25年ごろに余剰分の町外販売開始も目指す。(共同通信)