社説

社説[「緊急事態」全面解除]再拡大防ぐ道筋付けよ

2021年9月29日 07:02

 政府は19都道府県に出している新型コロナウイルス緊急事態宣言と8県のまん延防止等重点措置について、30日で全て解除すると決めた。

 全国どの地域にも緊急事態宣言やまん延防止措置が出されていないのは、4月4日以来約半年ぶりとなる。8月のピーク時には2万5千人超だった全国の新規感染者数が最近では3千人程度となり、病床使用率といった医療逼迫(ひっぱく)も改善が進んでいるためだ。

 今後1カ月かけ、飲食店の営業時間延長や酒類提供の解禁といった行動制限緩和を実施する。飲食店が第三者認証を得ているかなどで差はあるが、政府として経済活動正常化に大きく踏み出した。

 一方で、専門家による政府の基本的対処方針分科会では、沖縄など4都府県について宣言解除後、まん延防止措置への移行を求める意見も出された。これら地域では病床や重症者病床の使用率が依然高いなど、改善が完全と言えないとの判断からだ。

 全面解除でなく、まん延防止措置への移行など、感染抑止を重視したより慎重な決定はあり得たのではないか。

 菅義偉首相は28日、衆参の議院運営委員会で解除を報告したが、こうした専門家の懸念には言及しなかった。

 今年23回あった同様の報告で、菅氏が出席したのはわずか3回。6月の通常国会閉会後は、野党の召集要求にもかかわらず100日以上国会を開かないままだ。菅氏の首相としての国会発言は今回が最後だが、説明責任を果たそうとしない姿勢は最後まで変わらなかった。

■    ■

 菅氏は緊急事態宣言について、在任中に区切りを付けたいと周辺に語っていたという。全面解除には、政権のコロナ対策の成果として首相退任に間に合わせる意味のほか、新政権で迎える次期衆院選のため自粛疲れした国民にアピールしようとの「選挙対策」の面がちらつく。

 ワクチン接種1日100万回など効果を上げた対策もある。しかし経済再開のためと継続にこだわった観光支援事業「Go To トラベル」や、観客を入れての開催に最後まで固執した東京五輪など、政権の都合を優先し対応が後手に回り、結果として感染拡大を防げなかったことがある。

 今後冬にかけ、再び感染が拡大する「第6波」が来る可能性は高い。間もなく退陣する菅氏だが、医療従事者や病床の確保などの医療体制充実、若者のワクチン接種率向上など、対策の道筋はしっかり付けてもらいたい。

■    ■

 緊急事態宣言は沖縄で最長の4カ月超に及んだ。県は飲食店への時短要請などは続ける方針だが、長く自粛を強いられてきた多くの県民にとり、解除は日常を取り戻す一歩と捉えられるものだろう。

 だが解除が「緩み」を呼び再び感染が拡大すれば、離島県で観光産業が中心の沖縄は他県よりはるかに深刻な打撃を受けることになる。

 国や県による医療体制の整備とともに、県民が今行っている対策を怠らず、自分と周囲の人を感染から守る努力を続けることが大切だ。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。