【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は28日、議会上院の公聴会で「供給網の制約が予想以上に長引き、物価上昇圧力となる可能性がある」と証言した。高インフレが持続した場合は「物価目標に一致する水準となるよう対応する」と強調。新型コロナウイルス禍から需要が急回復したのに対し、労働者の採用難や半導体不足などが米経済の足かせとなっているためだ。

 FRBのパウエル議長(ロイター=共同)

 議会上院の銀行住宅都市委員会にイエレン財務長官と出席。インフレ率が高止まりすれば、今後の金融政策に影響を及ぼす可能性がある。(共同通信)