大型で非常に強い台風16号は29日午前3時現在、日本の南を時速10キロで北へ進んでいる。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

29日午前3時時点の台風経路図(気象庁HPより)

 台風は今後、次第に進路を北東へ変えて、10月1日には非常に強い勢力で伊豆諸島にかなり接近する恐れがある。その後、日本の東を北東へ進み、3日までに温帯低気圧に変わる見通し。

 台風がかなり接近する伊豆諸島を中心に10月1日は大荒れの天気となり、猛烈にしける所がある見込み。気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 伊豆諸島や東日本太平洋側沿岸では10月1日に暴風となる所がある見込みで、台風の進路によっては、北日本太平洋側でも暴風となる恐れがある。

 10月1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、伊豆諸島で30メートルから40メートル(40メートルから60メートル)、東海地方、関東地方25メートルから29メートル(35メートルから45メートル)。

 伊豆諸島では30日から雨が強まり、10月1日は東日本太平洋側と北日本太平洋側で、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。