事実上、次期首相となる新たな自民党総裁に岸田文雄前政調会長が選出されたことを受け、沖縄県の玉城デニー知事は29日午後、沖縄の基地問題や振興などに対し「真摯に向き合い、その解決にご尽力をたまわりたい」と期待した。県庁で記者団に答えた。

自民党の新総裁に選出された岸田文雄氏に祝意を示す玉城デニー知事=29日、沖縄県庁

 知事は岸田氏が新総裁に選出されたことに祝意を表明。自民党の美ら島議連会長として沖縄振興に尽力してきたことに感謝した。

 首相に就任した際には「辺野古の新基地建設は工事を中止して、沖縄との対話をお願いしたい」と強調。早期に上京して面談したい考えも示した。岸田氏が被爆地の広島県の出身であることも踏まえ、「(激戦地の)沖縄と広島の思いをつなげてほしい」と述べた。