玉城デニー知事が積極姿勢を示すヘイトスピーチ規制条例を巡り、沖縄県の事務方が罰則導入を困難視していることが分かった。実効性を確保するために罰則は不可欠で、制定する意味自体が揺らいでいる。