大型で非常に強い台風16号は、30日6時には日本の南にあり、時速約20キロで北北東へ進んでいる。10月1日明け方から昼過ぎにかけて伊豆諸島にかなり接近する見込み。伊豆諸島では猛烈な風が吹き、猛烈にしける所があり、暴風や高波に厳重な警戒が必要。

30日午後6時45分現在の台風16号の経路図(気象庁HPから)

 中心の気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 沖縄気象台によると、台風16号の影響で、大東島地方の沿岸の海域では大しけとなっている。大東島地方の海上や海岸付近では、30日昼前までうねりを伴った高波に警戒を呼び掛けている。沖縄本島地方でもはしけており、海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に注意が必要。沖縄地方のしけや波の高い状態は10月1日にかけて続く見込み。

大東島地方では、30日夕方まで北のち北西の風が強く吹く見込みで、強風に注意が必要。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、大東島地方で15メートル(25メートル)。

予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)は、以下の通り。

          30日
  大東島地方   6メートル
  沖縄本島地方  4メートル

          10月1日
  大東島地方   4メートル
  沖縄本島地方  3メートル