性的少数者への差別禁止やパートナーシップ制度の導入を盛り込んだ浦添市の「性の多様性を尊重する社会を実現するための条例」が1日、施行された。性の多様性尊重に特化した条例は県内初。罰則はない。

浦添市(資料写真)

 同日は市にパートナーシップ宣誓証明をカップル1組が申請。第1号となった伊是名美沙さん(29)と笹川優衣さんは「パートナーと認めてもらえたことがうれしい。これが一歩となって同性婚が実現してほしい」と喜びを語った。

 条例は戸籍上、一方または双方が性的少数者のカップルを結婚と同等の関係と認めるパートナーシップ制度を導入した。性的少数者であることを本人の意思に反して公表すること、公表を強要または禁止することなどを人権侵害として禁じる。

 市はこれまで全職員の研修、教職員向けの講座を実施。事業所には採用時の差別禁止、人事担当者の意識啓発・研修、パートナーへの福利厚生制度の適用、住宅ローンの借り入れ、生命保険の受け取り、病院の面会や付き添いを認めることなどを求めている。

 松本哲治市長は「2人の宣誓は困難の中にある方々へ夢や希望を与えるものであり、多様な性のありようについての理解につながる大きな一歩」と述べ2人を祝福した。