就任から4日で満3年を迎える玉城デニー知事は1日、県庁で記者会見し、来年秋に実施される知事選では名護市辺野古の新基地建設の是非が争点になるとの認識を示した。残り1年の任期については「辺野古新基地は造らせないとの民意に沿い公約実現に取り組みたい」と意欲を示した。

 一方、次期知事選への立候補に関しては「現段階ではまだ答えられない。残る任期に全力を尽くす」と述べるにとどめた。

 知事を支えるオール沖縄勢力が弱体化したとの指摘には「私の力不足は痛感している」と言及。与党と野党・中立が同数になった県議会対応に関しては...