沖縄気象台は1日、沖縄周辺海域における今年9月の平均海面水温(速報値)が1982年の統計開始以降、9月として最も高くなったと発表した。

沖縄周辺海域の月平均海面水温分布図(2021年9月、速報値)=沖縄気象台報道発表資料から

 沖縄地方は「東シナ海南部」「沖縄の東」「沖縄の南」の三つの海域に囲まれている。9月は東シナ海南部で29・1度(平年値28度)、沖縄の東で29・8度(平年値28・5度)、沖縄の南は29・9度(平年値29度)を記録。全ての海域で過去最高となった。

 気象台は海面水温が高くなった要因について、「太平洋高気圧に覆われて晴れた日が多く、海面に平年より日射を受けた」と説明。加えて「平年と比べて風が弱く、海面の熱を発散しづらかったため」とした。

 気象台によると向こう1カ月の海面水温は、東シナ海南部と沖縄の南では平年よりかなり高くなる見通し。沖縄の東は平年並みか、平年より高い予想。