きのう10月3日は平敷兼七さん(享年61)の十三回忌だった。1972年の日本復帰の日、激動を遠く離れて伊平屋島にいることを選んだ写真家。