岸田内閣発足を受け、県内経済界からは、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けている県経済の早期回復や沖縄振興への積極的な取り組みを求める声が相次いだ。特に県選出の西銘恒三郎衆院議員の沖縄担当相就任を「大変心強い」と歓迎し、新たな沖縄振興計画(沖振計)策定に向けた手腕に期待した。

 県経済団体会議議長の石嶺伝一郎議長は「新たな沖縄振興特別措置法が制定される節目に、地元議員が沖縄相に就いたことは心強い」と歓迎。沖縄の諸課題解決に向けた積極的な取り組みを求めた。

 県経営者協会の金城克也会長も西銘氏を「沖縄の振興発展のため大いに活躍してほしい」と激励し、...