沖縄県内スーパー最大手のサンエー(上地哲誠社長)は5日の取締役会で、130万株を上限とする自己株式の取得を決議した。理由は「経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため」としており、詳細は明らかにしていない。

関連:沖縄大手スーパー「サンエー」中間決算0.1%減1029億円 創業初の減収

 6日午前8時45分にある東京証券取引所の「自己株式立会外買付取引」に...