沖縄タイムス+プラス ニュース

ラオスで野球文化を育てたい 沖縄出身の元プロ選手らが用具を寄付

2017年2月16日 16:04

 【中部】沖縄市出身の元プロ野球投手・糸数敬作さん(32)と沖縄市に住む韓国人ら有志が、野球文化がないラオスに野球用具などを贈る「沖縄発~ラオス野球支援プロジェクト」を始めた。1月にラオスで開かれた国際野球大会で、糸数さんのつてで集めたグローブやスパイク、アンダーシャツなどを贈呈。今後はラオスと沖縄のスポーツ交流を目指す。

ラオス国際野球大会で地元の野球チームと写真撮影する糸数さんら=1月、ラオス・ビエンチャン(金さん提供)

ラオスへの野球支援プロジェクトを始めた糸数さん(右)と金さん=沖縄タイムス中部支社

ラオス国際野球大会で地元の野球チームと写真撮影する糸数さんら=1月、ラオス・ビエンチャン(金さん提供) ラオスへの野球支援プロジェクトを始めた糸数さん(右)と金さん=沖縄タイムス中部支社

 プロジェクトの中心となっているのは糸数さんと、仕事仲間で沖縄市でコンサルティング業を営む金元根(キム・ウォングン)さん(40)ら有志。数年前からラオスで野球の普及活動に取り組んでいる元韓国プロ野球で監督を務めたイ・マンスさんの活動を知っていた金さんが、糸数さんに支援の話を持ちかけて実現した。

 現在、読谷村でダイビングショップを営む糸数さん。何かいい支援はできないかと、野球の文化がないラオスに野球用品を贈ることを決めた。プロ野球ではオフシーズンに入ると不用になった野球用具が廃棄される現状を知っていたことから、現役の後輩や関係者らに協力を呼び掛け。グローブやスパイクなど合わせて80~90キロ分が集まったという。

 1月に初めてラオスを訪れた糸数さんは、地元のアマチュアチーム「ラオJブラジャース」に野球用具を贈呈。「とても喜んでくれてうれしかった。ラオスでは海外青年協力隊など多くの日本人が支援活動していて感激した。野球という言葉がないラオスで野球をしたい人のために、今後も支援を続けていきたい」と話した。

 今後はラオス支援を継続しながら「県内でも野球をしたくても道具が買えない子どもたちもいる。地域にも目を向け、野球だけでなくスポーツ支援活動ができれば」と意欲。

 金さんも「今後も糸数さんの力を借りて支援を続けていきたい。沖縄のチームをラオスに連れていきたい」と笑顔を見せた。

 ラオス野球支援プロジェクトの問い合わせはダイビングショップ「Diving20」、電話080(2723)2020。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。