在沖米海兵隊が宜野湾市調査による高濃度PFOS(ピーホス)の検出と汚水放出との関連性を否定したことに、原田浩二京都大学准教授(環境衛生学)は「基地からの排水が汚染源ではないという根拠を市や県に正々堂々と提示すべきだ」と指摘した。

 米軍が「原因が分からない」「原因究明も難しい」と説明していることに、原田氏は...