[山田敏弘,ITmedia]

 最近、米国の大学に属する研究者と雑談をしていたら車を購入したという話になった。聞くと、ホンダの車を初めて購入したという。理由は「評判がいい」とのことで、少し前に発表された調査リポートのリンクを送ってきた。

 リンク先を見ると、2016年の立ち上げから米メディア関係者の間で注目されるようになったニュースサイト「Axios(アクシオス)」と、米調査会社ハリス・ポール(HarrisPole)が共同で行った「2021 Axios Harris Poll 100(2021年 アクシオス・ハリス調査100)」の結果である。アクシオスは、政治専門紙の記者たちが立ち上げたメディアだ。

 調査は「企業評価指数」というもので、4万3000人近くの米国人の回答から100の企業をリストアップし、印象の良い企業と悪い企業をランキングにしている。

米国人に「印象が良い」「評判がいい」企業とは(画像はイメージ)

 ランキングには、米国でも知られる日本企業も含まれている。ホンダも含まれていたので、知人は筆者にリンクを送ってきたのである。ただよく見てみると、この調査自体が興味深いのだ。

 今回はこの調査結果から、米国民の間で良い印象を受けているのはどんな企業なのか。また日本企業はどう見られているのか、探ってみたい。加えて、1位になった企業を見ると、企業イメージの向上に何が必要なのかを知るヒントにもなる。