7日午前10時半ごろ、沖縄県名護市真喜屋で「農業用水管から水が噴き出している」と名護市から委託を受けて用水管を管理する「羽地大川土地改良区」に、近くの住民から連絡があった。水は一時、40~50メートルほどの高さまで噴出したとみられる。

農業用水管から吹き出した水柱=7日午前10時半すぎ、名護市真喜屋

農業用水管から吹き出した水柱=7日午前10時半すぎ、名護市真喜屋

橋の上に飛んだ農業用水管の空気弁=7日午前10時半すぎ、名護市真喜屋

農業用水管から吹き出した水柱=7日午前10時半すぎ、名護市真喜屋 農業用水管から吹き出した水柱=7日午前10時半すぎ、名護市真喜屋	橋の上に飛んだ農業用水管の空気弁=7日午前10時半すぎ、名護市真喜屋

 土地改良区によると、用水管の空気弁の根元が老朽化し、空気弁が吹き飛んだことが原因という。午前11時ごろ農業用水を止め、同11時半ごろ漏水はおさまった。今後復旧作業を進めるという。

 現場の様子を見ていた同区の住民は「水が噴き出していて驚いた。人的被害がなかったのはよかった」と話した。