沖縄気象台によると、8日午後3時、フィリピン東の海上で熱帯低気圧台風18号に変わった。超大型の台風で9日午前6時現在、フィリピンの東でほとんど停滞している。沖縄気象台によると、11~12日にかけて先島諸島に接近する見込み。

台風18号進路図

 台風18号の中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。先島諸島と沖縄本島地方で10日から強風の予想。先島諸島の沿岸海域ではうねりを伴い10日からしけ、11~12日ごろは大しけの見通しで、11日から激しい雨となる恐れがある。

 8日は午前3時に南シナ海で台風17号も発生。ベトナム付近に向かっており、日本に直接の影響はない見込み。