【解説】岸田文雄首相が、沖縄の基地負担軽減を進める上で「対話」の重要性を打ち出した。自身が強みとする「聞く力」を反映した一方、辺野古新基地建設は推進すると明言した。辺野古問題で対立する県側との溝が埋まらないのは明白で、対話による解決は望めない。(東京報道部・嘉良謙太朗)

 「対話」を強調することで、新基地建設を強行してきた安倍、菅政権とは違った「岸田カラー」をにじませた。首相の対話には「双方向で対話するという思い」(木原誠二官房副長官)が込められているという。...