沖縄県議会自民党会派の新垣新県議は8日の9月定例会最終本会議で、那覇市の奥武山公園のサッカーJ1スタジアム建設計画がプロ野球巨人の春季キャンプに影響を及ぼし、撤退する可能性があるとした会期中の自身の発言について取り消しを求め、全会一致で認められた。

沖縄県議会

沖縄県議会経済労働委員会で発言の取り消しを求め謝罪する新垣新氏(左)=8日、県議会

沖縄県議会 沖縄県議会経済労働委員会で発言の取り消しを求め謝罪する新垣新氏(左)=8日、県議会

 新垣氏が取り消したのは9月27日の一般質問と10月4日の経済労働委員会での発言。スタジアム建設地はキャンプの投球練習場や選手が遠投などで使用するエリアと重なることから球団が不満を示し、キャンプ地から撤退する可能性が高いと指摘した。「来年ジャイアンツが撤退した場合、知事が代わるかもしれない」などと発言していた。

 新垣氏は球団関係者と意見交換した上での指摘だと強調していたが、8日の本会議で「関係者とお会いした事実がないにもかかわらず、あたかもお会いしたような誤解を与え、結果的に虚偽の発言になってしまった」と謝罪した。

 新垣氏は同日、経労委や議会運営委員会で、元プロ野球選手から聞いた内容を球団のフロントからの話として発言したと説明。「だます考えはなく、話をうのみにして拡大解釈してしまった」とした。与党からは「虚偽に当たる」などと批判が相次いだ。

 9月27日の一般質問後、球団から那覇市に新垣氏の発言が事実と異なるとの指摘があり発覚。自民会派はこれを問題視し、新垣氏の発言の取り消しを決めた。

■発言の概要

 新垣新県議が9月27日の県議会一般質問で発言し、8日に取り消した概要は次の通り。

 ・(那覇市の奥武山公園に県がJ1規格スタジアムを建設することに)読売巨人軍の球団は不満だ。球団関係者や前フロント、現フロントとも意見交換した。巨人の那覇でのキャンプは今年10年を迎えた。宮崎には巨人が(キャンプを)できる全ての施設が整っている。正直に言う。ジャイアンツが撤退する可能性が非常に高くなっている。公の場ではっきり申し上げる。

 ・巨人の撤退リスクを避けるために糸満市の私有地がある。(ここに)J1スタジアムを移してもらえないか。

 ・(2018年の)名護市長選でも日本ハムが出て行くかもしれないとなり、市長が代わった。来年ジャイアンツが撤退した場合、知事が代わるかもしれない。うその話ではない。(議会中継を)球団も見ている。

 ・万一、撤退した場合、県の責任は重い。沖縄の野球ファンから厳しい意見が出ることを強く申し上げる。